商品情報にスキップ
1 4

ROUJEWEL®︎

No.29 マラバール

No.29 マラバール

通常価格 ¥2,144
通常価格 セール価格 ¥2,144
セール 売り切れ
税込 配送料はお支払い時に計算されます。

No.29:Malabar

国:インド

標高:1350〜1450m

エリア:インド南西部マラバール・ハッサナ地域

品種:アラビカ種

生産処理:モンスーン

生産者:ハッサナ生産者組合

プロファイル:カカオ、ローズマリー、シトラス



人々が帆船で地平線の彼方を目指していた大航海時代、インドのコーヒーがヨーロッパで大流行。コーヒー豆を船でヨーロッパの港まで輸送するのにかかった時間は、約半年。この長い航海中、船に保管されたコーヒー豆は湿気を含んだ潮風に吹かれ、緑色から黄金に色が変わり、大きく膨らみ、独特の香味を持つようになりました。帆船の時代から蒸気船へと時代は変わり、スエズ運河が開通するとインドからヨーロッパまでの航海日数は大幅に短縮され、この黄金のコーヒーは姿を消しました。しかしインドコーヒーの独特の香味を懐かしみ、黄金色のコーヒーを求める声は日増しに大きくなりました。インドはこの要望に応えるために56月に南西から吹き付けるモンスーン(貿易風)を利用した、モンスーン・コーヒーの生産を始めました。ナチュラルプロセスを終えたコーヒー生豆を、風通しの良い倉庫で46インチの厚みで広げ46日乾燥させます。そして周囲の湿気にコーヒーが均等に晒されるよう定期的にかきまぜます。その後、袋に詰めて幾つもの列に並べます。列と列の間は充分に広げて、モンスーンがコーヒーの列の間を絶え間なく均一に吹き抜けるようにします。週に1度くらいの割合で、コーヒーを袋から出して詰め替え、袋の列を並び替えます。こうして67週間経つとコーヒーは黄金色に変わり、独特の香味を持つモンスーン化したコーヒーになります。コーヒーはその後、船積みのために精製加工されます。こうして出来た「モンスーン(貿易風)コーヒー」は独特の風味を持ち、欧米では定番中の定番ブランドとして多くの人に愛されています。

詳細を表示する