商品情報にスキップ
1 4

ROUJEWEL®︎

No.13 キガバ

No.13 キガバ

通常価格 ¥2,392
通常価格 セール価格 ¥2,392
セール 売り切れ
税込 配送料はお支払い時に計算されます。

No.13 KIGABAH

国:パプアニューギニア

地域:西部高地にあるワギ盆地

標高 :1,550m

品種 :ティピカ

生産処理 :ウォッシュド

プロファイル:ハチミツ、柑橘、プラム



1550mという中米並みの高立地でよ栽培はもちろんのこと、その後の精選・選別・輸出までの保管までも、わざわざ冷涼な高地で行っているのが、ギガバ農園の特徴です。標高が高い場所で栽培されたコーヒー豆は、なぜ高品質とされるのでしょうか。それは、昼夜の寒暖差にあります。平地よりも寒暖差が大きい高標高地では、コーヒーチェリーがゆっくりと時間をかけて成熟し、引き締まった瑞々しい実をつけるからです。ゆっくりと育った豆は、通常の種子に比べて中身の詰まった「硬い豆」となり、深煎りにしても煮崩れせず風味も抜けにくいという特徴を持ちます。香りも強くなる傾向があり、主に中米エリアではこの標高の高さがそのままコーヒー豆の等級を決定づけます。出荷するその瞬間まで高地で管理し続ける取り組みは、消費者の口元に届くまで常に最高の状態を保とうとする姿勢が表れた、ギガバ農園ならではの工夫といえます。キガバ農園は肥沃な火山灰土壌をもちながらもそこを過信することなく、周辺農園から優良なコーヒーチェリーを仕入れ、その中からさらに風味の優れた豆を選抜してロットを組み立てています。この取り組みは、毎年の品質を安定させるだけではなく周辺農家へ十分な収益をもたらす一助となっていて、まさにサステナビリティな運営方法といえます。栽培されている品種は、最も原種に近いとされるティピカ種が中心で、今でも1960年ごろに植えられた当時の木が大切に手入れされ、農園に生育するコーヒーノキの大部分を占めています。また、コーヒーノキの根本をバナナの葉や干し草で覆い、土壌の水分蒸発を抑制する育成方法「マルチング」も積極的に採用し、あらゆる手を尽くして高品質なパプアニューギニアコーヒーを生み出す努力を続けています。

詳細を表示する