商品情報にスキップ
1 4

ROUJEWEL®︎

No.37 スノートップ

No.37 スノートップ

通常価格 ¥2,418
通常価格 セール価格 ¥2,418
セール 売り切れ
税込 配送料はお支払い時に計算されます。

No.37:Snow Top

生産国:タンザニア

エリア:アルーシャ地区

標高:1300m〜1800m

品種:ケント、ブルボン

生産元:ブルカ農園

生産処理:ウォッシュド

プロファイル:ラズベリー、ベイクドアップル、プラム


日本でも「キリマンジャロ」の名前で知られる、コーヒー生産国タンザニア。主に、果肉を剥いで水洗いしてから乾かす、ウォッシュドプロセスの、アラビカ種を栽培し、一部地域で、果肉をつけたまま乾かす、ナチュラルプロセスの、カネフォラ種を栽培していて、生産比率はアラビカ種が半分強の、割合となっています。エリアとしては、チャガ族語で「私達の山」を意味する、キリマンジャロ周辺のアルーシャ、モシ、内陸部のンゴロンゴロ周辺、西部のキゴマ、そして南部のムベヤ、ムビンガでも、近年良質なアラビカ種が生産されています。今回のスノートップは、このアルーシャ地区で、生産されたものです。カネフォラ種は、ビクトリア湖西方の、ブコバ地区で生産されています。以前は、南部のアラビカ種は、品質が劣るとされてきましたが、近年は、設備や生産処理、そして生産者の品質志向により、品質が大きく向上し、北部産のコーヒーとの優劣の差は、小さくなりつつあります。タンザニアのコーヒーは、スクリーンサイズで格付けされていて、欧米などでは、枝先にできる希少な丸豆、ピーベリーが好まれています。タンザニアでは、小規模生産者のコーヒーは、品質にばらつきがみられる傾向があり、大規模農園産のコーヒーが、高品質とされてきましたが、近年は、小規模生産者をグループ化し、セントラル・パルパリー・ユニット、略称CPUと呼ばれる、小さな水洗設備を共同で使用し、高品質なコーヒーを生産しようとする、動きがみられます。またフェアトレード認証のコーヒーも、徐々に登場してきています。味わいとしては、強い酸味とコク、豊かな香りが特徴です。柑橘系のすっきりとした酸味と、ビターチョコレートのような、甘く深いコクがあります。深煎りにすると、濃密なキャラメル感を、楽しむことができます。永年住んでいる原住民でさえも、雨のあとの夕暮れ時、大平原の遥か向こうにそびえる、アフリカの最高峰・キリマンジャロの優雅な姿には、思わず見とれてしまうといいます。頂きは、万年雪で覆われ、裾野は紫色にけむり、山の背景にある雲は、茜色に輝きます。昼の蒼さから、夜の闇へと、刻一刻と変化する、黄昏時のキリマンジャロの壮大な雄姿は、アフリカ大陸一番の、美しい風景といわれています。タンザニアコーヒーは、その山の、緩やかな斜面に育ち、インド洋からの、さわやかな風と、熱帯特有のたたきつけるような雨と、キラキラと輝く、太陽の恵みを一杯に受けた、ティピカとブルボンの配合種、ケント種が栽培されています。芳醇で、甘酸っぱい風味のコーヒーは、アフリカの味として、世界で支持されています。その中でも、ひときわ大粒で、気候条件に恵まれた、アルーシャ地方の高地だけに生育する、ごく少量のコーヒーは、最高級品との意味合いから、他のダブルAグレードの物と区別するために、スノートップと呼ばれています。 この名前の由来は、キリマンジャロの頂きを、一年中覆う、万年雪から来ています。アフリカの風の囁きと、雨の優しい匂いと、まぶしく煌く陽光に育まれた、まさにアフリカンコーヒーの、最高傑作といえます。

詳細を表示する