商品情報にスキップ
1 4

ROUJEWEL®︎

No.27 マラカラ

No.27 マラカラ

通常価格 ¥2,144
通常価格 セール価格 ¥2,144
セール 売り切れ
税込 配送料はお支払い時に計算されます。

No.27:MALACARA

国:エルサルバドル

エリア:サンタアナ、アパネカ、ラマテペック

標高:1370-1800m

品種:ブルボン

生産処理:ウォッシュド

生産者:ホセ・ギジェルモ・アルバレスさん

プロファイル:オレンジ、ピーカンナッツ、レッドアップル


130年の伝統

サンタアナ・アパネカ・ラマテペックは、エルサルバドルの良質なコーヒー産地として知られるサンタアナ火山の斜面にあり、火山性の土壌と太平洋の影響を受け素晴らしい微気候をもたらします。農園の起源は130 年前の1888 年にさかのぼり、当時コロンビアからサルバドルに移住した現農園主アルバレスさんの曾祖父の手により開墾されマラカラ農園はスタートしました。以後相続で農園を分割、マラカラ農園(Lote-A)は2005 年以降、ホセ ギジェルモ アルバレスさんとマリア アルバレス プルネーラさん(4 代目)へと引き継がれ、農園の管理、高品質のコーヒーの生産とマーケティングに従事しています。


人から始まるコーヒー

アルバレスさんは生産者として最良のコーヒーを継続的に生産するため、農園で働く人々を家族のように大切にするという伝統を守り続けています。農場には学校と診療所があり教育と健康への配慮、食事のサポートなど労働者のケアを維持しています。また、毎年かかさずピッカーの教育を行い良い報酬を支払う、農園で働く従業員は期待に応えようと一生懸命仕事をし、より良い環境が構築され続けています。2003 年に開催されたエルサルバドルCup of Excellenceの第一回大会において2位入賞を果たし、高品質なコーヒー生産へ力を注ぎ今なお品質維持向上へ向けて進化し続けています。


最高を求めて

近年ではデジタルマップを用いたアプリを活用し農園内の6区画毎の土壌、木、葉の状態を細かく分析管理する事で、適した栄養素の肥料散布をより効果的に行っています。 シェードツリーのメンテナンス、肥料、病害虫対策、どれか1つでも欠ければ良いコーヒーができないという考えのもと、全ての工程に細心の注意を払っています。特にピッキングは重要で、収穫後のチェリーを粗選別したのち改めて再選別を行います。再選別を終えたチェリーも、運搬時に傷がつかないよう運搬時の1袋当たりの重量を、通常ロットだと約70kgのところを、マラカラは34.5KGと半分にしています。こうした11つのケアは、マラカラ農園に関わる従業員全員の一年間の努力を無駄にする事無く最良のコーヒーを作りたいという願いでもあります。エルサルバドルにとってコーヒー産業は大きな役割を果たします。労働者の生活を守る為にもコーヒー生産を続けていくことが使命だと語る、農園主のアルバレスさん。その前向きな姿勢、キメ細かな対応、アルバレスさんのおおらかな人柄が、このコーヒーが持つクリーンカップで甘くマイルドな風味に表れています。

詳細を表示する