商品情報にスキップ
1 4

ROUJEWEL®︎

No.16 アラビアンセレクション

No.16 アラビアンセレクション

通常価格 ¥5,672
通常価格 セール価格 ¥5,672
セール 売り切れ
税込 配送料はお支払い時に計算されます。

No.16 Arabian Selection

国:イエメン

地域:バニーイスマイリ

標高:2,500m

品種:モカ種混合

生産処理:ナチュラル

生産者:Al-Hamdani社

プロファイル:赤ワイン、ドライラズベリー、カラメル


イエメンは中東アラビア半島の南西に位置し、コーヒーは同国紅海沿岸部である西部で主に栽培されています。北はサアダから南はアデン港近郊まで栽培エリアは南北に広がっていますが、コーヒー栽培に適した土地は国内全体でたったの3%ほどと言われております。もっとも生産量の高いエリアは南西部に位置する首都のサヌアになり、平均的な栽培エリアの標高は約1,0001,700mですが、最も高いところで2,500mほどでも栽培されています。栽培品種はアラビカ種、年間降雨量は少なく精選方法はナチュラルが中心、乾燥方法は主に農家の家の屋上を使用するのが一般的です。イエメンはエチオピアのようにコーヒー生産国の中で伝統的に国内消費量も高く、全体の75%は国内で消費するとも言われています。 甘く、スパイシーな「モカ・マタリ」の代表的な味わい。標高が他のものよりひときわ高い事もあり、すべてにおいて強さを感じられるロットです。確認できているだけで80箇所にも達するイエメンの産地の中でも、首都のあるサヌア州南西部ハラズ山一帯のエリアに限定した今ロット。イエメンは超小規模農家がメインで、生豆の購入・精製・輸出に携わるサプライヤー次第で、品質が激しく異なります。近年イエメンでは、産地や生産者が明確で、高品質なコーヒーが多く出荷され始め、乾燥工程も屋根から洗練されたアフリカンベッド(高床式乾燥)に切り替えるなど、品質改善の努力も進んでいます。栽培期間中、農薬化学肥料不使用とした今回のナチュラルロット。豆の外皮を「ギシル」というコーヒーチェリーティーにするための特殊な伝統精製方式や、複雑に混じり合ったモカ種(在来種の俗称。廃港となったモカ港由来。今ロットはジャデイ種、ダワイリ種、ウダイニ種)、独特な風土が、他にはない独特の個性を生み出します。香味はとても華やかで赤ワイン、ドライラズベリー、ストロベリー、マスカット、シナモン、カラメルなどが感じられ、モカの柔らかな酸と強い甘み、立体的な香味は飽きが来ない上品な味わいです。

詳細を表示する