商品情報にスキップ
1 4

ROUJEWEL®︎

No.09 イナンバリ

No.09 イナンバリ

通常価格 ¥623
通常価格 セール価格 ¥623
セール 売り切れ
税込 配送料はお支払い時に計算されます。

No.9-24 INAMBARI


国:ペルー

標高:1400-1900m

エリア:プーノ県サンディア、アルト・イナンバリ

品種:カトゥーラ、ティピカ

生産処理:フリーウォッシュド

生産者:400名の小規模生産農家

プロファイル:マンダリンオレンジ、イエローピーチ、ブラウンシュガー


南部峡谷

ペルーは日本の約3.5倍と大きな国で、南北を巡るアンデス山脈に沿って国土のほぼ全域でコーヒーの生産が行われています。古くからコーヒー生産が行われていた、北部のカハマルカ、アマゾナス、中部のチャンチャマヨ地区が有名。今回ご紹介するのは南部のボリビア国境と接している高地、プーノの山奥・サンディア渓谷の一部であるアルト・イナンバリのコーヒーです。この地域はボリビアに近いこともあり、ケチュマラ大語族とも言われるケチュア語族やアイマラ語族といった中央アンデスの主要な語族の人々が暮らしています。


プーノ

このエリアのコーヒーは、ペルーの他の地域とはコーヒーの出自が全く異なるのが特徴です。もともと標高3800m近辺のチチカカ湖近郊に住んでいた人々は、1930年代にラニーニャ現象の影響を受け土地の肥沃な「低地」を求めました。(ここでいう低地は1800mの高地です)。そうして、移住したサンディア渓谷エリアでは、ボリビアのユンガス地域で働いていたアイマラ族の労働者により、コーヒーの木が植えら、現在に至っています。そのため、栽培方法や品種はボリビア由来のものが多く、在来種の割合が多いためかそのフレーバーはエキゾチックさを増します。


イナンバリ

イナンバリは、プーノ県サンディアのアルト・イナンバリあるコーヒー生産者組合です。秘境とも言われる厳しい自然環境の中で、フェアトレードなどの認証コーヒーをメインに、社会性や環境に配慮しながら生産農家の成長を促しています。1967年に設立されたイナンバリ農協は、1400-1900mの高地に暮らす400名の小規模生産者によるコミュニティです。この地に暮らす人々は、インカ帝国の時代からアンデス山脈に根付くケチュア語族出身。3世代にわたってコーヒーの生産を継承してきました。収益を得る仕事という側面だけでなく、コーヒー生産自体がこの地域の伝統や文化を守り促進させると言い、「この土地の香りが漂うコーヒー」を合言葉に、高品質なコーヒー生産を行っています。

詳細を表示する